ウォータースタンド 一人暮らし

ウォータースタンドは一人暮らしにも?アパート暮らしなら…

賃貸マンション・アパートでも原状復帰してくれるから安心♪

マンションやアパートで、ウォータースタンドを使うなら気になるのは退去時です。
取り付け時には水栓や給水管と直接繋ぐ方式のため、住まいを退居するときが不安と感じるかもしれません。
しかしウォータースタンドは、水栓や給水管の繋ぎ部分に分岐部品を付け足すだけなので、すぐに元に戻すことができます。
引越しで移設するときには原状復帰の工事もスタッフが行ってくれますから、賃貸の住まいにも安心して取り付けられるでしょう。

1K一人暮らしには料金的に損?浄水器と比較してわかる事

ウォータースタンドは、ワンルームや1Kなどで一人暮らしをしている人には不向きと思われがちです。
確かに水道水をそのまま飲むより、本体のレンタル代や電気代がかかるため毎月の負担は増えます。
しかし一般的な浄水器よりも、強力なフィルターでお水の美味しさを劇的に改善します。
毎月の負担となる料金だけを比較すると高いと思いがちですが、いつもの水道水を安全で美味しいお水に変えられるなら、決して損をしたとは思わないでしょう。

お湯と冷水が使えないけどメイトならリーズナブル!

メイトは、冷水とお湯を使えないデメリットがあります。
プレミアムならすぐに冷たいお水や温かいお水が使えるので、それに比べると使いにくいと思いがちです。
しかし毎月の料金が安いメリットがあり、少しでも経済的な負担を減らしたいなら魅力的なポイントです。
毎月の負担を減らしたい、常温のお水で十分だと考えているなら、低価格なプランを選べば一人暮らしでも余裕を持ってウォータースタンドの美味しいお水が飲めるでしょう。

排水も出ないし電気代のかからない唯一の機種でもあります

ウォータースタンドの排水も出ない機種なら、余計なお水を使うことがありません。
そのため水道料金も抑えられて、経済的な負担は減らせます。
また電気代もかからないなら、設置した後の負担はさらに減ります。
ウォータースタンドを選ぶときには、見た目のレンタル料ばかりに気をとられて決めてしまいがちです。
しかし設置後の光熱費に影響を与えるランニングコストも考えながら、少しでもお得になるタイプを賢く選ぶようにしましょう。

メリット・デメリットのバランスを考えてあなたにピッタリの機種を!

ウォータースタンドには、各機種ともにメリットとデメリットがあります。
例えば毎月の価格は高いものの機能が充実していて使いやすかったり、機能的には抑えられている代わりに料金が安いタイプなどです。
このようにそれぞれで異なる特徴があるので、ウォータースタンドを選ぶときにはバランスを考えながら、自分にとってピッタリのものを選ぶのが重要です。
ピッタリなタイプを選べれば、安心して美味しいお水を飲むことができます。

page top